志都岐山神社のミドリヨシノ

萩市の萩城跡内、指月公園に鎮座する志都岐山神社には、萩市原産のミドリヨシノの古株が自立している。ソメイヨシノの萼は赤色だが、本樹の萼は緑色である。基準標本の原木として、県の天然記念物に指定されている。

志都岐山神社のミドリヨシノ

志都岐山神社のミドリヨシノについて

基本情報

名称
志都岐山神社のミドリヨシノ(しづきやまじんじゃのみどりよしの)
樹種
緑吉野 - 染井吉野の変種。
樹形
根周1.7m、主幹幹周0.8m、樹高6m - 現地解説板。
指定
県天然記念物 - 昭和56年 山口県指定。
見頃
例年3月下旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
有料駐車場あり
所在地
山口県萩市堀内2区城内1-1 (海抜7m)

概要

萩市の萩城跡内、指月公園の奥に鎮座する志都岐山神社には、萩市原産のミドリヨシノの古株が自立している。 ミドリヨシノはソメイヨシノの変種と考えられている。 染井吉野の萼は赤色だが、本樹の萼は緑色である。 花弁は純白色で、遠方から眺めるとナシ類の花を思わせる風情がある。 幹は基部から三分岐し、主幹の幹周りは0.8mのさして大木ではないが、萩市のみに知られる希少種で、植物分類学的位置を評論する場合の基準標本の原木として学術上極めて価値の高いことから、県の天然記念物に指定されている。

撮影後記

 七代藩主が参勤交代の折りに何処から持ち帰ったとも伝えられますが、萩で活躍した植物学者の二階重楼氏が、大正時代に大屋の山中でこの変種を発見しました。 そして、このサクラの標本を東京帝国大学の本田正次博士に送って同定を依頼し、博士はソメイヨシノの変種と認め、ミドリヨシノ(Prunus yedoensis var. Nikaii Honda)と命名しています。 その際に送った標本がミドリヨシノの標準標本となっています。 原木は伐採されましたが、志都岐山神社にあるこの古株は、その標本木なのでしょう。

更新履歴

2015年8月4日
初版をアップロードしました。

志都岐山神社のミドリヨシノ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野