運動公園の大サクラ

凸凹コンビの木

八頭郡八頭町の八東総合運動公園に自立しているエドヒガンザクラ。八東地域随一の大桜であり、町の天然記念物に指定されている。常緑樹の中木が寄り添うように立ち、姿形がそれぞれ異なる凸凹コンビのようである。

運動公園の大サクラ

運動公園の大サクラについて

基本情報

呼称
運動公園の大サクラ(うんどうこうえんのおおさくら)
樹種
江戸彼岸桜
指定
町天然記念物 - 平成9年 八頭町指定。
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
鳥取県八頭郡八頭町徳丸528(標高150m)

概要

八頭郡八頭町徳丸の八東総合運動公園の草地に自立しているエドヒガンザクラ。 八東(はっとう)地域随一の大桜であり、八頭町の天然記念物に指定されている。 常緑樹の中木が寄り添うように立っている。 姿形はそれぞれ異なるが、仲の良いでこぼこコンビのようである。

撮影後記

 「道の駅はっとう」に隣接している野球場の一塁側付近にドーンと立っていて、運動公園の主といった風格です。 ソメイヨシノやシダレザクラも満開で、運動公園は春たけなわ。
 鳥取市街から八頭町の中心部までは青空優勢だったのに、ここに来たら雲が優勢に。 晴れそうで晴れなくて見切りをなかなか付けられない毎度のパターンにはまり、長時間を要してしまいました。

更新履歴

2015年8月30日
初版をアップロードしました。

運動公園の大サクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野