才代の大彼岸桜

旧街道の名桜

八頭郡八頭町才代の八東往来(若桜街道)の旧街道沿いの民家に自立しているエドヒガンザクラの古木。八東地域有数の大桜であり、八頭町の天然記念物に指定されている。

才代の大彼岸桜

才代の大彼岸桜について

基本情報

呼称
才代の大彼岸桜(さいたいのおおひがんざくら)
別称
大彼岸桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.2m、樹高25.5m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
町天然記念物 - 昭和55年 旧八東町指定。
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
鳥取県八頭郡八頭町才代(標高110m)

概要

八頭郡八頭町才代の八東往来(若桜街道)の旧街道沿いの中村家に自立している推定樹齢300年のエドヒガンザクラである。 幹周3.2m、樹高25.5mの八東(はっとう)地域有数の大桜であり、八頭町の天然記念物に指定されている。 エドヒガンは、江戸などの温暖な地域だと春の彼岸の頃に開花するため、「彼岸桜」とも通称される落葉高木である。

撮影後記

 サクラの横の道路が旧若桜街道なのかは確認していませんが、古い家並みを見るとそういった旧街道の雰囲気がします。 遠くに雪を纏った氷ノ山を望み、旅人が満開の桜の下で休憩した往時を想像させてくれます。 しかしながら、電柱電線やブロック塀などがあって、往時の光景を絵に収めることは今や不可能です。

更新履歴

2015年8月24日
初版をアップロードしました。

才代の大彼岸桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野