向月寺の桜

高梁市最大の巨桜

高梁市宇治町本郷の向月寺に自立しているエドヒガンザクラ。樹齢200年とされる高梁市最大のサクラの巨樹である。県農林水産総合センター森林研究所による「おかやま名木バンク」の増殖対象木で、後継木が植樹された。

向月寺の桜

向月寺の桜について

基本情報

名称
向月寺の桜(こうげつじのさくら)
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定200年 - 平成20年 岡山県森林研究所。
樹形
樹高18m - 平成20年 岡山県森林研究所。
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
岡山県高梁市宇治町本郷456(標高350m)

概要

高梁市宇治町本郷の曹洞宗照谷山向月寺に自立しているエドヒガンザクラ。 推定樹齢200年といわれ、高梁市最大のサクラの巨樹である。 大枝の枯損も散見されるが、樹勢は旺盛で樹高18メートルに達する大桜である。 岡山県農林水産総合センター森林研究所による「おかやま名木バンク」の増殖対象木に選ばれ、平成21年に増殖された苗が里帰りして、後継木として植樹された。

撮影後記

 こんなピーカンになったのは一週間ぶり。 望遠レンズを駆使せず、広角で空を抜いてバシャバシャ撮りまくりました。 今までの憂鬱なストレスが吹き飛ぶようで、あぁ気持ちいい。 サクラはやっぱり青空が似合う。

更新履歴

2015年8月12日
初版をアップロードしました。

向月寺の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野