がいせん桜

日露戦争の戦勝記念樹

明治39年、出雲街道の宿場町として栄えた真庭郡新庄村の街道両側に、日露戦争の戦勝記念としてソメイヨシノが植樹された。桜並木の両側には、本陣跡の旅籠など歴史的建造物が続き、「がいせん桜通り」と呼ばれる。

がいせん桜

がいせん桜について

基本情報

呼称
がいせん桜(がいせんざくら)
本数
133本(がいせん桜通り)
樹種
染井吉野、他に枝垂桜
樹齢
110年 - 平成27年 明治39年植樹から。
見頃
例年4月中旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
無料駐車場あり
所在地
岡山県真庭郡新庄村新庄(標高470m)
サイト
新庄村

概要

明治39年、出雲街道の宿場町として栄えた真庭郡新庄村の街道沿いに、日露戦争での戦勝記念としてソメイヨシノが植樹された。 道の両側5.5mおきに137本(現在133本)の桜が咲き揃う光景は素晴らしく、「がいせん桜通り」と呼ばれるようになった。 松江藩主の松平候が参勤交代の折に利用した本陣跡の旅籠や、脇本陣の邸内を改装した茶屋など、歴史的建造物が建ち並んでいる。 通りの両側に水路が流れ、そのやさしい音色は「日本の音風景100選」「日本のかおり風景100選」にも選ばれている。 さらに新庄川右岸にはシダレザクラが、右岸には芝桜が植樹され、それぞれ「しだれ桜通り」「芝桜通り」と呼ばれている。 4月中旬の日曜日には「がいせん桜まつり」が開催され、傘踊り、民謡などの郷土芸能が披露され、花見客で賑わいを見せる。

撮影後記

 この年の桜旅では名桜ばかり追っかけていたので、久しぶりの花見名所でした。 明治39年(1906年)植樹ということは、今年で凡そ樹齢110年ということ。 ソメイヨシノとしては国内でも最古参の桜並木ですね。 樹勢も衰退気味でしたが、この歴史ある桜並木を入れ替えなどをして、次代に引き継いでいってもらいたいものです。

更新履歴

2015年9月10日
初版をアップロードしました。

がいせん桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野