原田邸のしだれ桜

中国屈指の遅咲き

山県郡北広島町西八幡原の原田家に自立しているシダレザクラの古木。標高780メートルの高地であることから、例年4月下旬から5月初旬頃に見頃を迎え、芸北地域はもとより、中国地方でも屈指の遅咲きの名桜である。

原田邸のしだれ桜

原田邸のしだれ桜について

基本情報

名称
原田邸のしだれ桜(はらだていのしだれざくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
見頃
例年4月下旬から5月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
広島県山県郡北広島町西八幡原(標高780m)

概要

山県郡北広島町西八幡原の原田家に自立しているシダレザクラの古木である。 地上2メートル付近で二支幹に分かれ、それぞれ上方へ立ち上がり、目立った枯損は見られない。 八幡原地区は標高800メートル近くの高地にある山里で、例年4月下旬から5月初旬頃に見頃を迎え、芸北地域はもとより中国地方でも屈指の遅咲きの名桜である。

撮影後記

 地久院や長沢のしだれ桜よりも高地にあるので、開花は一週間近く遅れます。 まだ上の方しか開いていませんでしたが、これ以上、西日本滞在を伸ばすわけにいかず、ここで〆として東日本へと向かった次第。 結局、この一本に執着したため、次の日からの東日本の花追いが後手後手にまわって、多数の名桜の見頃を逃す羽目に。

更新履歴

2015年8月4日
初版をアップロードしました。

原田邸のしだれ桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野