日高山脈襟裳国定公園

最後の秘境

北海道の背骨といわれる日高山脈、襟裳岬周辺の海蝕崖の続く海岸線、高山植物の山として知られるアポイ岳周辺の3地区で構成される。日高山脈は、登山コースは整備されておらず、アプローチするには沢を遡行しなくてはならず、日本最後の秘境とも呼ばれる。

日高山脈襟裳国定公園

壁紙サイズの写真ギャラリー

日高山脈襟裳

日高山脈襟裳国定公園について

撮影後記

 難度の高い山域である日高山脈では、ほかの山域とは違った高度な知識や準備が求められます。 道のホームページなよれば、 登山口は山奥にあり、国道から長距離におよぶ林道を走り、登山道も一部を除いて整備されておらず、沢筋をたどって川を渡り、尾根筋の踏み跡をたどってハイマツ漕ぎをするのが基本だそう。 素人の自分は、襟裳岬とかアポイ岳周辺にとどめときます。 君子危うきに近寄らず。 最近、夏山遭難事故が結構ニュースになっていますし。

歴史・概要

北海道の背骨といわれる日高山脈の山並み、広尾町から襟裳岬にかけての海蝕崖の続く海岸線一帯、花の名山として知られるアポイ岳周辺の3つの地区で構成される。 日高山脈は、標高2,052mの幌尻岳を最高峰とし、カムイエクウチカウシ山、ペテガリ岳、神威岳などの山々が連なり、氷河の痕跡であるカールや稜線の鋭く切れ込んだナイフリッジが特徴である。 登山コースは整備されておらず、山に近づくには道のない沢を遡行しなくてはならず、アプローチも相当長いことから、人が立ち入ることを拒む。 襟裳岬は、岬の先端から1.5kmにも及ぶ岩礁が連続する姿と、非常に風が強いことで知られている。 アポイ岳は、ヒダカソウをはじめ固有の高山植物が数多く見られ「アポイ岳高山植物群落」として特別天然記念物にも指定されている。

所在地: 北海道 帯広市・清水町・芽室町・中札内村・大樹町・広尾町・日高町・浦河町・新冠町・新ひだか町・平取町・様似町・えりも町

日高山脈襟裳国定公園のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

美瑛・富良野
さくら

さくら紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中